野菜とフルーツの超健康的な洗い方

この記事は 約2 分で読めます。

washvege

私たちが普段スーパーで買う野菜や果物は目に見えない農薬や細菌で覆われている。それを水でササっと流しただけでは、実はあまり「きれい」になっていないのである。では一体どんな洗い方をすればいいのだろうか。

スポンサーリンク

野菜とフルーツの正しい洗い方

1、コップ2杯の水、コップ4分の一の酢、スプーン2杯分のレモンを混ぜてスプレーボトルに入れ、よく振って混ぜる。十分に混ざったら野菜や果物にスプレーをまんべんなく振りかけて2、3分置いておく。時間が過ぎたら水洗いをすれば十分に消毒される。

2、コップ2杯の水、コップ2分の一の酢、スプーン1杯分のレモン、スプーン8分の1のグレープフルーツの汁を入れてスプレーをする。同じく2、3分置いたら、水洗いすると、「1」よりグレープフルーツの酸による消毒効果が強く働く。

3、この動画では流しに水を溜め、その中に酢を少量入れて、野菜を漬けておくのがいいと説明している。流しにも大量の菌が潜んでいる可能性が高いので、きれいなボールなどを使うとなおいい。

4、コップ1杯分の水、スプーン1杯分のレモン汁、スプーン1杯分の重曹をスプレーボトルの中で混ぜて野菜や果物にかけて5分ほど置いてから水洗いすれば十分な殺菌効果が出る。ここでの重曹は酢がないときの代用として使われている。

5、コップ半分の水、コップ半分の酢、スプーン2杯分の塩を混ぜて野菜や果物に30分間つけておけば、かなり念入りな消毒と洗浄効果が出る。野菜や果物をとにかくきれいな状態で食べたい人におすすめ。