免疫力を落とす4つの食べ物

sugar

肌寒い季節にもなると風邪が流行するが、人によって風邪をひきやすかったり、ひきにくかったりと大きな違いがある。そこには個々の免疫力が大きく関係している。

また、人によっては自ら免疫力を下げるような食べ物ばかりを口にしており、そのせいで風邪の原因を引き起こしている可能性もある。では一体どんな食べ物が免疫に悪いのだろうか。

免疫力を低下させる4つの食べ物

1、砂糖

精製された砂糖そのものにはカロリー以外栄養がなく、過剰に摂取すれば虫歯の原因になるだけでなく、脳にも悪影響が及ぶ。

さらに恐ろしいのは、血糖値が上がるとバクテリアやウィルスと戦う白血球の力が低下し、病気になりやすくなる。体力が弱っているときは飴、クッキー、炭酸飲料などは避けるべきだ。

2、シリアル、パン、米

炭水化物は糖質の元であることから、それを多く含むシリアル、パン、米の食べすぎはあまりおすすめできない。特に精製されたこれらの食品は消化されるときにブドウ糖になり、採りすぎれば血糖値の上昇につながるので注意が必要だ。

3、油もの

油っぽいものをたくさん食べていると風邪などを含む感染症はもちろん、癌などの重病にもかかりやすくなることが明らかになっている。肉をたくさん食べるという人は、代わりに野菜や豆を摂取するようにしよう。

4、乳製品

ヨーグルト、チーズ、バター、牛乳、アイスなどの乳製品を食べ過ぎると呼吸器官に悪影響が及ぶことが判明しているだけでなく、ヨーグルトには砂糖が、チーズには塩分が多く含まれていることが普通で、どちらも取りすぎると免疫にとってはマイナスだ。

スポンサーリンク
食事
アメダイエットドットコム