お腹の肉を落とす超簡単な4つの方法

dangerous belly fat

腰まわりはお腹に贅肉がついてきたときに、腹筋やスクワットをやっても実はあまり効果がないことは「ダイエットやエクササイズのよくある間違いと都市伝説」でも紹介した。

もちろん食事の量を減らし、しっかり運動し、体脂肪率を徐々に下げていくのが理想だが、なかなかそれもできないという人はもっと簡単に解消できる方法がある。

スポンサーリンク

お腹の肉を落とす誰でもできる4つの方法

1、早い時間に食事を取る

スペインで行われたリサーチの結果、メインの食事を早い時間に取る人は遅い時間に取る人より25%も体重を落としやすいことが判明している。

ちなみにスペインではメインの食事は昼食。これを12時に取る人と2時に取る人とでは同じものを食べていても体重の増減に影響がでるのだという。

アメリカでも夕食を早い時間に済ます人と遅い時間に済ます人とではダイエットの効果に開きが出ることが明らかになっている。

2、食べ物を残す

「残さず食べない」と教えられてきたはずだが、痩せるためには実は残したほうがいいのである。こう書くと、「食べ物を無駄にするべきだ」などと誤解を招きそうだが、そうではなく要するに通常の食事の量を食べつくすのではなく、減らしていくことがなによりも先決だ。

特に誰かに作ってもらった食事の場合、人は皿に出されたものを全て平らげてしまう傾向があるため、太りやすくなってしまう。

また、多くの人は食事というのは満腹になるまで食べるのが普通だと思っているふしがあるが、これは間違い。近年、人々は食べすぎ、飲みすぎの傾向にあり、小食のほうが健康にいいのである。

3、ファーストフードを止める

駅前で辺りを見渡せばそこら中にファーストフードのチェーンが並んでいる。ファーストフードに行けばただでさえカロリーの高い食事を食べてしまううえにお得なセットを注文しがちでどうしても太りやすくなる。

どうしても外食しなければならないときは、ファーストフードより単品で十分な栄養が取れるレストランを選ぼう。

4、運動を無理に好きになろうとしない

運動が好きになることに越したことはないが、無理に好きになろうとしてストレスを抱えるのは全くの逆効果だ。それよりもあなたがダイエットやエクササイズをしているのは楽しむためでなく、健康のためであるということを一番に認識しておこう。

運動は面倒で、大変だからこそ、毎日のように無理して汗をかかなくてもいいように、できるときにやっておくべきなのである。そして理想の体重にまで落とせたら、二度とハードなエクササイズをやる必要もないぐらいに常に健康な生活をキープすることを心がけよう。