チョコレートで痩せるは本当?10の健康効果とは?

choco

チョコレートを食べると虫歯になる、糖尿病のリスクが上がる、といった悪い噂がつき物だが、実はチョコレートには健康にプラスの効果がたくさんある。チョコレートと一言で言ってもどの種類のチョコレートを食べるかによっても成分が変わってくるし、いつ食べるかも大切だ。

チョコレートに隠された10の健康効果

1、脳に良い

チョコレートには生体リズム、神経内分泌、睡眠、体温調節、血管の緊張を調節するほか脳の神経伝達の役割を果たすセロトニンが含まれており、食べる人の気分や振る舞いに好影響を与える。

2、フラボノイド

ブラックチョコはフラボノイドを多く含有し、生活習慣病、更年期障害の予防やアレルギーを抑制する効果があるとされている。

3、カカオが老化防止に

カカオ70%以上のダークチョコは特に健康的で、老化の原因である酸化を防ぐ抗酸化作用が期待できる。チョコレートを選ぶ際にはぜひともカカオの割合を注意しておこう。割合が高ければ高いほど健康に良いといっていい。

4、ポリフェノール

ミルクチョコレートには赤ワインやお茶などにも含まれるポリフェノールがあり、血液をサラサラにする効果があるため、心臓病や脳卒中などの予防にもなると言われている。また、強い抗酸化作用があり、脂肪燃焼の効果も期待できることから、アンチエイジングやダイエットにもいいとされている。

5、朝食にチェコ

朝にチョコレートを食べる人は、昼間にチョコレートを食べる人に比べて痩せ易いといった研究結果も出ている。というのも人間の体は朝のほうが活動的で、カロリーを燃焼するのも朝のほうが早いからだという。食べる時間にも気をつけるとダイエットにもさらなる効果が期待できそうだ。

6、長生きの秘訣

ハーバード大学が行った調査によると、チョコレートを食べている人と食べていない人では食べている人のほうが長く生きることが分かっている。長生きをしたい人はときどきチョコレートを食べるのがいいようだ。

7、日焼け効果

ブラックチョコにはフラボノイドが多く含まれることはすでに話した。実はこのフラボノイドには紫外線対策や皮膚を水和し酸素飽和度を増加させて血流を良くする効果があるのだ。日差しが気になるという人は外出前にチョコを一口食べていくのも一つの手だ。

8、集中力アップ

ノッティンガム大学の研究によると、チョコレートを食べると2、3時間後には注意力や頭の働きに好影響をもたらすことが判明している。テストの前や大事な仕事の前に一口かかじっていけば頭が冴える可能性大だ。

9、運動能力アップ

アメ米心臓協会によると、カカオを多く含むチョコレートを食べると、運動能力が11から15%アップするという。運動能力が上がればもちろんより多くのカロリーを燃焼できるようになりダイエットにも最適だ。スポーツジムやジョッギングに行く前にはぜひチョコレートを食べてから行こう。

10、便秘にいい

チョコレートに含まれる植物繊維が胃腸の状態を正常に保ち、便通を促してくれる。便秘悩んでいるという人にはチョコレートはもってこいだ。また、お腹に満腹感を与えるので暴食を防いでくれる。

朝にチョコレートが効果的な理由

スポンサーリンク
食事
アメダイエットドットコム