体脂肪率を一桁にする超簡単な3つの方法

ab

エクササイズ、あるいは筋トレに励んでいる人にとって体脂肪率を一桁にするのは一つの大きな目標ではないだろうか。

女性の場合、もともと脂肪が男性よりも多いため、一桁にするの健康上の問題もあると言われるが、一方で男性にとっては決して不可能なことではない。ではそれには一体なにが必要なのだろうか。

1、体重をゆっくり落とす

slow

最近のダイエットやエクササイズは「2週間でOOキロ落とす」といったように早く結果を出すことばかりが宣伝されているが、実はそれが一番の問題なのである。

短期間で急激に体重を落とすと、多くの場合筋肉も失われてしまうだけでなく、新陳代謝も鈍ってしまう。理想は自分の体重の0,5%~1%を1週間かけて落としていくことだ。体重70kgの人なら1週間に700g、1ヶ月に2、8kg落とせたら十分なのである。

2、たんぱく質を多く採る

protein

たんぱく質は新陳代謝を活性化させ、筋肉の成長を促進するだけでなく、筋肉の組織を保護する役割がある。筋トレ好きの人たちからすればプロテイン(たんぱく質)は欠かせないサプリメントであることは今更いうまでもない。

たんぱく質は除脂肪体重(体脂肪を除いた筋肉、内臓器官、骨などの部分)のキロ数×2、3g~3、1g摂取(一日)するとよいと言われている。

体重70kg、体脂肪率9%の人の除脂肪体重は63、7kg。これを維持するには、一日約147g~197,47gのたんぱく質が欠かせないということだ。

除脂肪体重を測定するならこちら

アマゾンでバカ売れのおすすめプロテインはこちら

ザバス ホエイプロテイン100 ココア味【50食分】 1,050g

新品価格
¥4,010から
(2015/9/2 22:45時点)

3、炭水化物を採り、脂肪は控える

carbs

最近のダイエットの考えでは炭水化物を採ると太るというのが一般的になりつつあるが、体脂肪率を極限まで下げることを目指すボディビルダーたちは炭水化物は実はしっかり採っている。なぜなら炭水化物が筋トレをする上での重要なエネルギー源となるからだ。

ジムに通ってもすぐに疲れてしまう、あるいは集中できないといった人はもしかしたらダイエットによる炭水化物が不足している可能性もある。

炭水化物を採ることで多少カロリー摂取が増えても運動でそれ以上に燃焼できれば問題ない。脂肪ももちろん健康な体作りには大切な栄養素である。

ただ、体脂肪率を抑えるという意味では少なく抑えるに越したことはない。もし摂取する場合はナッツ、フィッシュ油、オリーブ油に含まれる良質な脂肪を採ることを心がけよう。

それでもできるだけ早く効果を出すには?

とはいえ実際に体脂肪率一桁台にするのはやはりかなりの根気と節制が必要。食事、そして運動を一から見直さないことにはなかなか思うような効果が出ない。

特にその全てを仕事や学業で忙しい普段の生活の中でやる場合には相当な時間もかかる。できるだけ効果的にそして早く結果が出したいという人は、自宅でもできる今話題のライザップのダイエット方法を試してみるのもいいだろう。

ライザップのダイエットプログラムは栄養素全てを見直し、一食置き換えるだけでカロリーを大幅に削減。これによって今まで落とせなかった脂肪が落としやすくなる。

さらに毎週電話によるカウンセリングが受けられ、専門家からアドバイスを直接もらえるのが特徴だ。なにより満足いかなかった場合、全額返金保障まで付いているので安心して理想の体作りに挑戦できるだろう。

>>ライザップの詳細を読む

関連記事

鬼トレとは?必ず結果の出る超ハードなエクササイズ方法まとめ

スポンサーリンク
食事
アメダイエットドットコム