朝にチョコレートが効果的な理由

choco

チョコレートは好きだけれど、食べたら太るのではないかと思って心配になる。そんな人は食べる時間を少し変えてみるだけで太るどころかダイエットに効果的になるのをご存知だろうか。

ずばり食べるべき時間帯は朝。では一体なぜ朝に食べるのいいのだろうか。

イスラエルのテルアビブ大学が行った研究では20歳から65歳までの193人の肥満者(非糖尿病患者)のグループを二つに分け、両方に一日合計男性1600カロリー、女性1400カロリーの食事を朝、昼、夜3回ずつ与えた。

そのうえで片方のグループに300カロリーの朝食、もう片方のグループにチョコレートなどのデザートを含む、高たんぱく、高炭水化物の600カロリーの朝食を32週間に渡って食べさせたところ、甘いものを含む高カロリーの朝食のほうが、そうじゃない方より多くの体重が落ちる、という衝撃の結果が出たのだ。

同実験では最初の16週間で両グループ共に平均して約15kg減量することに成功。しかし残りの16週間では低カロリーの朝食を採っていたグループは平均して約10kg増量したのに対し、チョコレートなど甘いものを含む高カロリーの朝食を採っていたグループはそこからさらに約7kg痩せることができた。

最終的にはチョコレートを食べたグループは合計で平均してマイナス約22kgを記録したのに対し、もう片方のグループは平均してマイナス約5kgにとどまった。

つまり長期間ではデザートを含む朝食をしっかり採るほうが低カロリーの朝食よりもダイエットに効果的だということだ。その理由はチョコレート、ケーキ、お菓子などから糖分を、新陳代謝が最も活性化されている朝に摂取することで、余分な脂肪を溜めることなく、エネルギー不足を感じにくくなるからだ。

また、炭水化物不足になるよりは、しっかり炭水化物を採ることのほうが長期的に見るとダイエットが成功しやすいことが分かっている。

チョコレートで痩せるは本当?10の健康効果とは?

スポンサーリンク
食事
アメダイエットドットコム