太りたい人が健康的に体重を増やす超簡単な7つの方法

skinny

多くの人が体重を減らすことばかりに気をとられている一方で、中には痩せていることにコンプレックスを抱いている人もいるだろう。周囲の人に「痩せすぎている」、「ガリガリ」などと言われるのはもうコリゴリ、そんな人のために健康的に簡単に体重を増やす方法を紹介する。



スポンサーリンク


健康的に簡単に太る7つの方法

1、一日に食べる回数を増やす

痩せている人はすぐにお腹が一杯になる特徴があるが、少量でも食べる回数を増やすことで体重増加を図ることができる。一日に2、3回のたくさんの食事を取るより、とにかく回数食べることを心がけよう。

理想としては4時間以上間を空けないこと。体は常に燃料を必要としている。体にとって食事はエネルギー源であり、特に仕事が原因で昼食を抜いたりすればその間必要な燃料を供給できないことになる。また、食事を取る時間帯も重要で、できるだけ習慣的に同じ時間に食べるリズムを作るとより効果的だ。

2、一度にたくさんの種類の食べ物を食べるようにする

体重を増やすためには最低でも一度の食事で3種類の栄養グループに属する食べ物を取ることを心がけよう。軽めの朝食を取る場合でもバナナやナッツだけでなく、全粒穀物(ホールグレイン)のパンや豆乳といったように種類を増やすことで、体もたくさんの種類の栄養を吸収することができるようになる。

間違っても米と肉だけ、パスタとスープだけといったバラエティーの少ない食事で終わらせないことが大事だ。サラダ、煮物、といったプラス一品が大きな違いを生むことを忘れないでおこう。

3、栄養価の高いものを食べるようにする

体重を上げるとなると、カロリーのことばかりを考えがちだが、栄養価も実は重要な割合を占める。これを意識するだけでも、ただ脂肪や肉を付けるのではなく、健康的に体重を増やすことができるようになる。パン、パスタ、シリアルは全粒穀物(ホールグレイン)を、フルーツや野菜はできるだけオーガニックを選ぶようにしよう。

また、脂肪分の少ないタンパク質を含む納豆、卵、鶏肉などを積極的に取ることで筋肉の形成にも役に立つ。普段から注意して栄養価の高い食べ物を選ぶと、一度に多くの食事を取る必要はなくなる。

その最もな例がドライフルーツだ。乾燥させただけでボリュームは最大で約75%もカットされる。気をつけたいのはドライフルーツによっては糖分や保存料を加えてあることがあるので、しっかりと栄養成分を見て選ぶようにしよう。

4、飲み物でも体重を増やすようにする

食べ物だと満腹感を得やすいのに対し、飲み物だと比較的満腹感を抑えることができる。つまり食事は食べられないときでもシェイクやスムージーなどを作って飲めば食事の代役を果たしてくれる。とはいえコーヒー、炭酸飲料といった栄養がほとんどないものをたくさん飲んだところでほとんど意味はない。それよりミックスジュース、プロテインシェイク、豆乳などを胃に流し込もう。

5、寝る前に食べるようにする

寝ている間は体が回復し、再生する時間でもある。そのときにできるだけ筋肉を付けるためにも栄養のある食事を体に与えてあげよう。もちろんラーメン、ピザといった体に悪い夜食を食べるのではなく、パスタ、ミックスサラダ、豆、鳥のささ身など軽い食事にとどめておこう。

6、エクササイズをする

エクササイズをすればカロリーが燃焼され、もっと痩せてしまいそうな印象があるが、それは運動後にしっかりとした栄養補給をしない場合である。エクササイズ自体は食欲を刺激し、体にエネルギーをより必要とさせることから、しっかりと食事を取れば当然筋肉が付きやすくなる。運動後30分以内にプロテインを取るなどのことに気をつけていれば、体重の増量は難しくない。

7、太るための適切なサプリメントを取る

太るためのサプリメントというと糖質が多く配合されているプロテインを飲むのが一般的だが、健康的に太るという意味ではあまりおすすめできない。そこでおすすめなのが酵素やビタミンを多く含むサプリメント「ファティーボ」だ。

「ファティーボ」は厚生労働大臣が定めた品質基準(GMP)に沿った認定工場で生産されている安心して飲めるサプリメントで酵素、ビタミン、ミネラル、マカ、たんぱく質、植物繊維など健康的に美しく太るための成分が詰まっている。栄養の含有率は牛肉の3倍のタンパク質、ほうれん草の40倍のBカロテン、にんじんの450倍の鉄分。

とにかく脂肪を付けて体重アップを目指すという従来の方法とは全く違った体作りを目指す人におすすめだ。

>>ファティーボの詳細を読む