癌(がん)予防に超おすすめの6つの野菜

green-leafy-vegetable

健康のために野菜を食べようというのは誰もが一度や二度は聞いたことがあるに違いない。しかし一体どの野菜を取るのが一番健康にいいのだろうか。今回は野菜の中でも特別健康にいいものをチョイスしてみた。

癌(がん)予防にいい野菜

1、フダンソウ

250px-W_suisuchado3121

抗酸化物質であるシリング酸とケンペロールが豊富に含まれている超おススメ野菜。シリング酸は炭水化物を糖化させる酵素を抑え、血糖値を安定させるのに対し、ケンペロールは発がん性物質から細胞を守るほか、炎症を抑え、心臓病、糖尿病をはじめ慢性疾患のリスクを下げる効果がある。

2、ルッコラ

250px-Arugula

ほかのどの緑の野菜よりも 硝酸塩が多く含まれている野菜の一種であるために危険なように思われがちだが、通常摂取程度では人体に有害なものではないと農林水産省が発表している。

ルッコラの摂取は血液の循環を活性化させるだけでなく、フラボノイドを多く含み、心臓発作、癌、潰瘍の予防にもなるといわれている。

3、キャベツ

250px-Cabbage

キャベツに含まれる植物繊維は胃腸の胆汁酸と結合しやすく、コレステロール値を下げ、癌の予防にも効果的。植物化合物も含有しているため、身体にもともと備わっている解毒システムを活性化してくれる。

4、チンゲンサイ

250px-Brassica_rapa_var._chinensis_(leaf)

カリウムを最も多く含む野菜の一つで筋肉増量と血圧を抑えるのに効果的。ビタミンAも豊富で、白血球を増やし、解毒システムを向上させ、免疫システム全体を強化する。

5、ケール

250px-Boerenkool

ケンペロールやグルコシノレートを含有することから、発がん性物質から細胞を守り、血糖値を下げ、骨を頑丈にし、体内の炎症を抑える効果があると信じられている。また、ルテインやゼアキサンチンといった老化による目の病の予防にもなるともいわれている。

6、オランダガラシ

250px-W_orandagarasi4051

一日に摂取すべきビタミンKは、一切れのオランダガラシを食べるだけで十分に補え、それによって血液凝固や動脈壁にプラークが形成されるのを防ぐだけでなく、関節炎などの慢性疾患も和らげる効果があるといわれている。

2ヶ月間も食べ続ければ、白血球のDNA 損傷を回避できるとまでいわれており、中性脂肪を10%落とすだけでなく、癌のリスクを大幅に防ぐことができる。

スポンサーリンク
食事
アメダイエットドットコム